« 昼食会 | Home | 全社大会 »

2019年5月27日

人間ドック

今年は人間ドックのオプションにPET-CTを付けてみました
今まで受けた事が無かったのと、年齢も節目を迎える事、立場的な事などを考えると
自己負担ではあるけれど、受けといた方が良いかなと

2月16日(土)PET-CT
3月 2日(土)人間ドック
 内科診察で大凡の結果を聞いた後、胃カメラでポリープの組織を採取
 胃内の出血や十二指腸の荒れも有ったが、ピロリ菌は無し
 その後の説明で逆流性食道炎と診断され、胃酸を抑える薬を処方される
3月19日にPET-CTと胃カメラで採取した組織の検査結果が出て、報告書が自宅に届く
3月23日(土)医師の説明を聞きに通院
 PETにてS状結腸に集積があり生理集積との区別が困難との事、それ以外は集積無し
 大腸カメラを勧められる
 PETは胃と大腸が苦手だから、大腸カメラも別途受ける予定だったので
 ちょうど良い機会と前向きに判断(笑)
 便潜血は無し、腫瘍マーカーも全て基準値内、胃の組織検査の結果も良性
 逆流性食道炎を改善するために食生活を改めたら、体重が5kg減った事を伝える

4月20日(土)大腸カメラでポリープを4つ削除(内1つをクリップ2個で止血)
 PETで見付った大腸S状結腸の集積は、生理集積との事で一安心
 肝嚢胞を見るために造影CTを撮ったが、大腸を炭酸ガスで膨らませて、そちらも撮影
 帰宅後に血便が2回続いたので入院
4月22日(月)再大腸カメラで残りの3ヶ所にクリップを5〜6個ずつ付けて止血する
4月24日(水)退院
5月13日(月)予定通りの再胃カメラで、二ヶ月半後の経過観察
 胃の入口のポリープは小さくなっていたが、一応、今回も組織を採取
 胃内の出血や十二指腸の荒れも治っていたので、食生活を改善した甲斐があった
 その後の診察で、前回の大腸カメラで採取したポリープも良性だったとの事
5月25日(土)最終通院 胃の組織検査の結果は今回も良性
 経過観察のために前回撮影した、肝嚢胞のサイズを確認する
 造影CTからも良性である事が確認出来たとの事

ダイエットをしている訳ではないが体重は更に減って、3月2日 78kg ⇒ 68kg になり
BMIでのベスト体重 64.33kg まで、あと僅かとなりました(笑)

一通り終わってみて
ここが痛いの、ここが怠いのと、違和感は時々出るものの
どこを切る訳でもなく、穴を開けるでもなく、胃酸を抑える薬が処方されただけで
こうやって健康でいられる事に感謝ですね
経過観察は色々あるので、今後も健康を心掛けたいと思います

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、AkiraHasegawaが2019年5月27日 14:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「昼食会」です。

次の記事は「全社大会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。