2006年12月アーカイブ

2006年12月31日

今年を、そして6年間を振り返って

なんとか思い通りの成長を遂げた今年も、とうとう大晦日となりました。
今年一年間に入社してくれた、多くの社員の皆さんに感謝いたします。
そして全社員に一言。
今年一年間お疲れ様でした。
来年は更に飛躍の年にしましょう!

今年を、というより設立以来のことを考えました。
2001年 再スタートの年 都内のIT業界を知るための年でもありました。
2002年 東京本社を統括し、成長し始めた年でした。
2003年 契約社員や協力会社の技術者を中心に規模が拡大した年でした。
2004年 業界として夏頃に技術者の動きが鈍くなり、横ばいの年でした。
2005年 正社員の毎月採用、教育、稼動というノウハウを確立した年でした。
また、大手電機メーカ殿との契約が請負から特定派遣に変わるなど、変革の年でもありました。
2006年 昨年10月からの採用計画が順調に進み、お蔭様で優良顧客の創造にも成功しました。
50名いた協力会社の技術者が1名となり、正社員が60名増えました。
会社の体質を大きく変えた一年でした。
2007年 更なる飛躍のために組織創りを行う年にします。
そして160名体制(2008年2月末)を目差します。

200612jitaku.jpg

【自宅にて】
自宅でPCを開くときは、2階の書斎ではなく、リビングの方が多いです。
目の前の水槽を眺めながら考え事をしたり、テレビを見て気分転換したり、写真を撮った時はK-1のキッドVS魔娑斗のVTRをやってました。
開いているPCはLet's note CF-W2ですが、その下にThinkPad i Series 1200があります。
ThinkPadは当社を設立したときに購入したもので、当時は2.7kgもあるこのPCを、もっと重いSamsoniteのスーツケースに入れて通勤していました。
どちらも捨てられない設立時の思い出です。

2006年12月30日

喫煙室設置計画

上野駅は現在全面禁煙ですが、今度は上越新幹線が来年4月から全車両禁煙になります。
高崎〜上野間は上越新幹線と長野新幹線が走ってて、長野新幹線「あさま」は今も全車両禁煙なので、愛煙家の私は「あさま」を乗り過ごしていましたが、4月からはその必要が無くなります。
あ〜早く帰れて嬉しい(泣)。

当社は今年の4月に第一生命ビルに引越しましたが、その機会に社内禁煙にしました。
社外のフロア内に喫煙所があるので、あまり困らないのです。
煙草の本数が減ったので、健康に良いと考えていますし、社内の空気が綺麗なのも満足しています。

ところが結構煙草を吸う社員がいて、懇親会のときに喫煙所がいっぱいになってしまうのです。
お酒が入ると吸いたくなりますからね。
そこで、社内でも喫煙できるよう、3月を目処に計画を立てることにしました。

200612giza.jpg

【エントランスの右側の写真です】

200612gizain.jpg

【そのギザギザの衝立の向こうにある三点セットです】

この三点セットは応接室が使用中のときに使う予定でしたが、実際にはアポ無しのご来社は殆ど無かったため、この8ヶ月間で3回しか使いませんでした。
ですのでこのコーナーを完全に仕切って、壁もやにが着かない処理をして、空気清浄機を設置して喫煙室にする予定です。
例えば喫煙できる時間を設けるのも良いと思います。
10:00〜10:10
12:00〜13:00
15:00〜15:10
18:00〜
といった感じにして、それ以外の時間帯は喫煙所を使用する。
そうすれば今まで通り他の時間帯は臨時応接室としても使えます。
グッドアイデアだと思いませんか。

2006年12月29日

今日は仕事納めでした

本年の営業は昨日で終了し、本日が仕事納めでした。
求人活動は年末年始もメールでの対応を行っていますが、ご面談は1月5日からとなります。

200612kougi.jpg

【今年最後のUNIX講習 1月から稼動開始の5名です】

今日は今年最後の経営会議があり、来期経営指針書の成文化が完了しました。
こういう話題も色々書きたいのですが、どこまで書いて良いのか迷いますね。
社内のSNSを立ち上げたら、概要はブログで、詳細はSNSでという感じでしょうか。
当社への就職を検討されている方にも、なるべく細かく説明してあげたいと思いますので、入社面談時には何でも聞いて頂きたいと思います。

明日は自宅の大掃除です。

2006年12月28日

エンジニアから管理職、そして経営者へ

社員が増えてくると、当然ですが間接部門も増員が必要になってきます。
新たに採用するのも一つの方法ですし、事務方のほうが採用しやすいと思いますが、なるべくなら技術系社員から抜擢したいと考えています。
事務員以外は、社長以下全員が、技術畑出身ということに拘りたいのです。

200612konsinn.jpg

【懇親会スペースは会議や教室など多目的に使っています】

私は22歳(1981年)の時にプログラマとしてIT業界に入り、その後ファームウェアやハードウェアを経験し、32歳で一つ目の株式会社を設立しました。
そして数年後にエンジニアを止めて、経営に専念することにしました。
技術畑出身の経営者であれば、誰もが通る道だと思いますが、
(一部の技術指向の強いベンチャーは別かもしれません)
若干寂しさを感じたのを覚えています。

42歳で現在の株式会社テクノクリエイションを設立して、来年3月で6年が過ぎ、7年目に入ります。

技術者を止めてから数年間は、時々「開発したい」という欲求がつのり、その都度「玩具のロボットでも作ろうか」と考えましたが、結局まだ始めていません。

私の場合には社長という立場ですから、経営に専念するのは当り前のことですが、エンジニアである社員が若くして管理部門に移るというのは、それなりの覚悟と決断が必要だったと思います。

来年3月から2名の社員(ネットワークエンジニア)が、現場を離れて内勤(管理職)に異動になります。
ふと、私がエンジニアを止めたときのことを思い出しました。

ところで当社の場合、スペシャリストはスキルにリンクした査定となるので、ゼネラリストとして昇格しなくとも、高給となるチャンスがあり、そこが大きな特徴となっています。
また、積極的に経営に参画して頂くこと以外にも、エンジニアから内勤に移行するケースは出てくると思います。
例えば、IT技術者になりたいと思って入社し、教育を受け、実務に就いてみたが、「自分は技術者に向いてないかも」と悩む人も出てくると思うのです。
現環境に馴染めないだけであれば、配置換えを検討するなど打つ手はありますが、適正が合っていても好きになれないと、辛いものがあると思います。
そういう社員には、もし本人が望めば、営業や各種教育、認定資格担当など、他の仕事を担当して頂くことも、今後考えていきたいと思います。

2006年12月27日

離職率について

先日、人材紹介会社の営業の方が来社されたときに、応募する方の関心ごとについてお聞きしました。
1.社長をサポートする方は何人位いますか?
2.離職率はどの位ですか?
という質問が多いそうです。

200612ousetu.jpg

【入社面談を行っている応接室の写真です】

そういえば、当社のホームページには組織図がありませんでした。
いずれアップする予定ですが、暫定的に会社概要の従業員数の欄に一言明記しました。

従業員数 84名(最新の情報はホームページでご確認下さい)
内訳(技術系正社員67名 契約社員10名 管理部門社員役員7名)

離職率も計算しました。
どうも私は「離職率」という言葉が好きではありません。
お医者さんだって成功率という言葉は使っても、失敗率とは言いませんよね。
(当り前ですが)
だから在職率と言った方が私の耳には良いのですが、それはともかく、
現採用方式(ネットワーク技術者を目差す未経験者の募集CCNA研修付)以降の離職率は3.1%でした。
家庭の事情など何らかの不可抗力もありますから、ゼロというのはあり得ないと思いますが、3%以下を目差すことにしました。
そのために、何をすべきか、社員が財産なのは業界全体に当てはまることなので、当社の特徴を活かしていきつつ、常に検討課題と捉えていきます。

2006年12月25日

経営指針書について

もう8年位前のお話ですが、当時は中小企業家同友会に入っていました。
その頃一番勉強になったのが経営指針書の成文化でした。
先月から2007年3月から始まる来期の指針書を作成し始めました。

200612entrans.jpg

【当社のエントランスです】

ちょっと気が早いと思われるかもしれませんが、基幹事業が開発系からネットワーク系に移行しているので、大きな見直しが必要なのです。
経営理念は何年間も温めていたものを成文化したわけで、今後も変わることはないと思いますが、次の経営方針となると、全面的に軌道修正が必要になります。
そして「やるべきこと」の担当者を人選すると、本人の意思確認や顧客との話合いなど、今から始めても遅いくらいです。
叩き台は作ったので、今度の経営会議で検討します。
来年の初夏には正社員が100名を超えるので、今から組織造りの準備中です。

2006年12月23日

新人研修について

今のところ外部のラボでCCNA研修を行っていますが、Ciscoルータやスイッチも揃えつつあるので、社内的にも追加研修などを行っています。

200612ken.jpg

CCNA(Cisco実機演習含む)研修を終え、社内でUNIX研修中

「揃えつつある」と書きましたが、今ある装置は社員が自分で買って会社に置いてあるもので、会社近くの秋葉原で昼休みに買い揃えたものです。
(完全な私物)
会社としては、来年2月末までに計画的にCiscoルータやスイッチを揃えます。

今後はもう少し実務に近い研修も始めます。
また、ビジネスマナー、IT業界知識、セキュリティなどについても教育内容を充実していく方針です。
特に情報セキュリティに関しては、顧客からも必ず実施内容の確認を受けますので、セキュリティポリシーの策定から、しっかりしたものを構築していきます。

その他にPマークやISOなど、やるべきことが沢山あります。
ですので来年からは、技術系正社員(NWエンジニア)だけでなく、そうした業務を担当する間接部門の社員も、増やしていくことになります。
なるべく技術系社員の中から適任者を選考し、幹部候補も含めて本人と話合いながら検討していきます。

2006年12月22日

第三金曜日は懇親会があります

第三金曜日は社内で自由参加の懇親会をやっています。

200605kon.jpg

【懇親会が終盤に差し掛かって、そろそろダレてきた時の写真】

新入社員は先輩社員から色々教えて頂いたり、アドバイスを頂いたり、社員同士で情報交換をしたり、管理職は応接室で一人ずつヒヤリングをしたりと、それぞれ有効に時間を使いながらも楽しくやっています。
今日はクリスマスも近いので、何か配るようです。
私も久々に会う社員もいて、今から楽しみにしています。
今日は気分的に洋食が中心になるようです。

2006年12月21日

未経験者を毎月5名正社員採用しています

最初から求人情報で恐縮です。
(最新の求人情報はホームページでご確認下さい)


【秋葉原新高第一生命ビル 1階がソニーで、当社は6階です】

☆ 会社案内 http://www.technocreation.co.jp/
 ネットワークエンジニアを目差す未経験者を、毎月5名採用しております。
(経験者も大歓迎です)

■募集職種
ネットワーク/サーバの設計・構築・運用・保守・監視等
(未経験者は運用・保守・監視などから入ります)
■必要経験
CCNA(Cisco実機演習含む)等の教育制度がありますので、ネットワークに興味がある方で可能です。
また、UNIX/Linux研修もございます。
■必要知識
同上
■歓迎知識
ネットワーク基礎知識、UNIXコマンド、Oracle、Shell等
■応募資格
30歳まで
■勤務地
本社は秋葉原ですが、顧客先常駐になります。
通勤時間は1時間半以内の現場を担当して頂きます。
本社最寄駅
銀座線 末広町駅 より徒歩2分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩5分
JR御徒町駅 南口 より徒歩5分
■勤務時間
顧客先勤務時間体系に準拠します。
■給与
成果主義付き年功序列制賃金制度
■交通費
全額支給
■その他
各種社会保険完備
第3金曜日に帰社日と懇親会(全額会社負担)がございます。
同期や先輩達との情報交換が可能です。
楽しい先輩が沢山居るので、毎週会うのが楽しみになるかと思います。
■考方法
選考方法は面接1回で即決です。
入社時期はご相談可能です。
面接当日は履歴書、職務経歴書(もしあれば)、印鑑をご持参願います。
■求人メッセージ
意思の疎通を大切にしている会社です。
技術志向をしっかり確認し合い、適材適所を第一に、次の業務を一緒に検討しています。
他社とは一味違った居心地の良さも、当社にはあると自負しております。

宜しくお願い致します。

このアーカイブについて

このページには、2006年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。